SMBCコンシューマーファイナンス株式会社のプロミス

SMBCコンシューマーファイナンス鰍フプロミス

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社のプロミス

詳細・お申し込み


土日・祝日に、その日に借りたい場合

ネット申込&審査通過後に最寄の自動契約機で最短即日融資も可能
自動契約機は22時まで利用可能!(一部21時まで)
自動契約機でのカード受け取りなら基本的に自宅に郵送物は届きません。


実質年率 4.5%〜17.8% 限度額 1〜500
万円
保証人 不要 最短即日融資
も可能

※最短1時間融資

詳細・お申し込み


Webで即日融資
※最短即日融資:お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。


会社一覧

同時にお申込みをする際は、最大3社までがベストです(ご融資の確実性を上げるため)
休日 詳細情報 金利 融資限度額 融資速度
プロミス 4.5% 〜 17.8% 500
万円
★★★★★
アコム 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★★☆
アイフル 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★☆☆
イオン銀行 3.8% 〜 13.8% 800
万円
★★☆☆☆

お金借りるQ&A

借り手に有利なノンリコースローン!?

ノンリコースローンとは、日本語で非遡及融資と呼ばれています。 不動産などの責任財産を設定し、その原資から得られるキャッシュフローが返済原資となります。 そして、その返済原資の範囲以上になる返済義務を負わなくてよいといった特徴があります。 たとえば、不動産を対象としたものは企業における資金調達手段の1つとして利用されることがあり、銀行などで借りることが可能です。 一方、個人向けのノンリコースローンは日本ではメジャーではありません。 これに対してアメリカでは個人向け住宅ローンとして、主流となっています。 2008年に世界的な金融パニックにまで陥れたアメリカ発の金融恐慌は、サブプライムローンが起因となっていました。 このサブプライムローンの利用者は、返済が滞って自宅を売却され、住むところは失いましたが、その後に債務残高の返済を迫られることはありません。 なぜなら、残債があったとしても自宅の価値までしか返済義務を負わず、住宅以外の個人の資産には遡及されない仕組みだからです。 つまり、自宅を手放せば住宅ローンからは完全に解放され、担保割れがあったとしても、それは貸付を行った側が損失を負担することになります。 この非遡及融資の利点は、現在日本で巻き起こっている二重ローン問題の解決法として、注目を浴びています。 東日本大震災や大型台風などの大きな自然災害で自宅を失っても、住宅ローンはなくなりません。 日本の住宅ローンの現状は、借り手側にリスクを負わせている状態となっており、ノンリコースローンの活用が叫ばれています。