イオン銀行でお金を借りる

イオン銀行でお金を借りる

イオン銀行カードローン


詳細・お申し込み


実質年率 3.8%〜13.8% 限度額 800
万円
保証人 不要 最短
即日融資

イオン銀行カードローン

インターネットによるイオン銀行お申込み・ご契約方法

パソコン、携帯電話、スマートフォンのインターネットによる契約申込み

※イオン銀行の口座をお持ちでない方。


ネットバンクにログイン後、契約申込み

※イオン銀行の口座をお持ちの方


即日審査(原則14時までの申込は即日回答)

詳細・お申し込み


会社一覧

同時にお申込みをする際は、最大3社までがベストです(ご融資の確実性を上げるため)
休日 詳細情報 金利 融資限度額 融資速度
プロミス 4.5% 〜 17.8% 500
万円
★★★★★
アコム 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★★☆
アイフル 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★☆☆
イオン銀行 3.8% 〜 13.8% 800
万円
★★☆☆☆

お金借りるQ&A

金融のネガティブ情報とは

お金が足りないときには融資を受けられるととても助かりますが、キャッシングやカードローンは特に申し込み手続きが簡単に行えるので、すぐにお金が必要になったときはとても重宝するものです。 でも、お金を借りるにはやはり審査が必要です。 無担保、無保証でキャッシングやカードローンは利用できますが、やはりその人に返済能力があるかどうかはしっかりと審査されることとなります。 安定した収入があることはもちろんですが、それだけではなく、過去の金融の利用方法などもチェックし、問題がなければ融資が可能です。 そして、金融にはネガティブ情報というものが存在します。 これはクレジットカードやローンなどの個人信用情報にネガティブな情報があることを指します。 ブラックリストと言う言葉でもよく利用されています。 例えばクレジットカードやローンの利用の際に遅延や不払いがあるなどもネガティブな情報として残ることとなりますし、過去に金融トラブルで自己破産などの債務整理を行っている場合も情報が残ってしまいます。 それから携帯電話やスマートフォンの料金を滞納している場合なども情報が載ってしまう場合がありますので、注意したいところです。 こうした情報は完済すれば、それから数年後には情報は消えるとされていますが、不払いが続いているといつまでも情報が残ってしまうことになるので、早めの対策が必要です。 ネガティブ情報が残っている間は新たにキャッシングやカードローンの申し込みをするのは難しいといえるでしょう。