お金を借りる方法Navi【即日融資|銀行借入】

お金を借りる方法【銀行でお金を借りる〜今すぐお金を借りる】

すぐにお金を借りるには即日融資対応のカードローンを選びましょう!

お金を借りたい時の【2大条件】

低金利重視 スピード重視
低金利でお金を借りたい!安心感がほしい!という方は大手銀行をチョイス! すぐにお金を借りたい!という方は審査が柔軟で即日融資可能な銀行系をチョイス!!

銀行と消費者金融の比較

審査速度 金利 審査 総量規制
▼ 銀 行
低金利
重視

普 通

低 め

厳しめ
対象外
年収の3分の1以上OK
▼ 消費者金融
スピード重視

早 め

高 め

柔軟性あり
対 象
原則年収の3分の1まで

※会社によって詳細は異なります。


お金を借りる前にチェック!

初めてお金を借りる時、どこで借りたらよいのか、そもそもどこで貸してくれるのか、お金の借り方よく分からないですよね!まずお金を借りる前に、疑問や不安を解決してから、ご自身に合った借り方を選択しましょう♪

  • 本当に借入れが必要か。(必要としない借入れは行わない。)
  • 無理なく確実な返済が可能か。(借入れ前に毎月の返済額等を計算してみる。)
  • 契約内容を理解できたか。

返済に困った場合には

1人で悩まずに早めに身近な人(家族、友人)や、弁護士会、 国民生活センター、 クレジットカウンセリング協会等に相談しましょう。


急いでお金を借りるには

銀行からお金を借りる用途は、事業者向けのビジネスローンから、住宅ローンなどの大きい金額を借り入れる場合と、 「出先でちょっとお金が必要になった。」「お給料日前の数日間の間だけ借りたいなど。」等々、急な出費に対応するための小額キャッシングなどその用途は様々です。

銀行系カードローンのご紹介

「銀行でお金を借りる」というと、昔のイメージでは、住宅ローン(マイホームローン)、自動車ローン(マイカーローン、カーローン)、教育ローン、トラベルローンなど、 目的にそったローンが浮かぶ方が多かったかもしれませんが、今は、銀行が融資目的を限定しない、さまざまな内容で利用できるローン=銀行カードローンの利用者が続々と増えております。 銀行カードローンは低金利&高額融資など、銀行ならではの魅力がたくさんあります。 ぜひ検討されてはいかがでしょうか。

お金を借りる時の豆知識 in 即日融資

今すぐにお金を借りる時のポイント

「即日融資キャッシング」と聞いて、みなさんはなにを思い浮かべますか?そこはやっぱり、消費者金融からお金を借りる方法ですよね。 でも、同じ“即日融資キャッシング”でも、キャッシング業者によって、審査スピードや融資速度は異なるんです。 すべての消費者金融会社が、必ずしも即日融資キャッシングに対応しているわけではないので、消費者金融会社の中でも、しっかりと即日融資に対応している会社を選びましょう。 その点、大手消費者金融の三菱UFJフィナンシャルグループ『アコム』や三菱東京UFJ銀行系の『モビット』、三井住友銀行グループの【プロミス】などの、即日融資=当日借り入れが可能なキャッシング業者は、対応も早く、また消費者金融会社としても知名度や実績もあり、安心してお金を借りることができます。
同じ“即日融資キャッシング”でも、今日お金が必要であるならば、やっぱり今日中にお金を借りたいですよね。 そんな利用者の要望にしっかりと応えられる大手消費者金融業者で、お金を借りましょう!

今日中お金を借りる!には、契約申し込みの締め切り時間に注意

パソコンやケータイ・スマートフォンを利用したインターネット契約申し込みなどでは、24時間365日の契約申し込み受付をしていることが“売り”として紹介されていますが、こちらは実際に“契約申し込みの受付”は24時間365日行ってはいますが、「平日14時までに契約申し込みを行って必要書類を送る」など、契約申し込みをした当日にお金を借りるのに間に合わせるためには、別途“審査締切時間”がありますので、ご注意ください。 また、締切時間後の契約申し込みで今日の融資に間に合わない場合でも、できるだけ早めに契約申し込み手続きを行っておくことで、翌日すぐのお金借り入れに向けての準備となりますので、今すぐにお金を借りたい!というときには、当日締切時間がすぎたあとでも、なるべく早めに契約申し込みを行っておくことをお勧めします。

契約完了→即日融資キャッシング

無事に契約申し込みが済み、審査、審査回答と順調に進んだあとは、キャッシング専用カードを受け取って、即日融資を行いましょう! キャッシング専用カードは、店頭窓口での契約申し込みや自動機契約機での契約申し込みをされた場合には、その場でカードが発行されます。 パソコンやケータイ・スマートフォンを利用したインターネット契約申し込みをした場合には、お近くの自動契約機でカードを受け取るか、カードは後日郵送にて受け取り契約手続きをした当日は振込キャッシングにて即日融資を受けることができます。

キャッシング専用カードを受け取ったら、あとはお近くの店舗ATM、提携コンビニATM、提携銀行ATM、そのほか提携ATMなどで、迅速にお金を借りることができます。

今すぐにお金を借りたいなら

まず、すぐにお金を借りたい場合にチェックしたいのが、今までの借入件数です。 初めてお金を借りるなら、即日で融資を受けやすいでしょう。

今日中にお金を借りたいなら

即日で融資を受けられる会社は多々ありますが、各々の会社によって、即日融資が可能な締切時間が決まっています。して挑戦してみるのも良いかと思います。

銀行でお金を借りるには

銀行からお金を借りる用途は、事業者向けのビジネスローンから、住宅ローンなどの大きい金額を借り入れる場合と、「出先でちょっとお金が必要になった。」「お給料日前の数日間の間だけ借りたいなど。」等々、急な出費に対応するための小額キャッシングなどその用途は様々です。

お金を借りる時の豆知識 in 低金利

“低金利でお金を借りたい”“即日融資でお金を借りる”など、キャッシングをする際の判断基準として、2大要素と言えるくらい要望の多いお金の借り方のうち、 こちらでは“低金利でお金を借りる方法”について、情報をお伝えします。 “低金利でお金を借りる”なら、やっぱりいちばんのお勧めは、銀行からお金を借りる方法です。 まずは、銀行からお金を借りる際のメリットとデメリットをお知らせします。

銀行からお金を借りるメリット

・消費者金融などと比べて低金利なので、返済時の利息の負担が少ない
・銀行ならではの資金力で、融資限度額が大きい
・総量規制の対象外なので、多額の金額を借り入れできる
・銀行カードローンを利用すれば、融資目的を限定せず自由な用途でお金を使える

銀行からお金を借りる際のメリットとして特徴的なのが“低金利”です。 さらに、総量規制の対象外のため、「消費者金融などのように、返済のアテはあるけれど規制があって高額融資を受けられない」といった心配がありません。 銀行からお金を借りる際には、この特徴を最大限に生かして利用しましょう。

銀行からお金を借りるデメリット

・消費者金融などと比べると審査が厳しい
・消費者金融などと比べると審査に時間がかかる

銀行からお金を借りる際には、すべてがメリットばかりでもありません。
ただ、デメリットのひとつである“審査に時間がかかる”というものは、あらかじめ、早め早めに借入準備をして審査申し込みをするなど、 時間的な余裕があれば、クリアできる問題かと思います。
また、銀行カードローンなら、ほかの銀行借り入れほどの審査時間はかからず、比較的、審査時間も短いため、さほど負担になりません。 逆に、どうにもならないデメリットが、“審査が厳しい”という点です。
ただし、こちらにつきましては、初めてお金を借りる方や、他社借り入れ件数が1〜2件といった借り入れ実績の少ない方、過去や現在に返済トラブルがない方 (ブラックリストに載っていない方)など、審査に通る可能性のある方は、契約申し込みをして挑戦してみるのも良いかと思います。

お金を借りる時のQ&A

親元を離れられていない未成年がお金を借りるには

未成年への融資は、まだ自分で責任を持てる年齢ではありませんし、原則として法律的には認められていません。 ただし例外として、未成年に融資できる金融会社もあります。

その際、20歳以下の方がお金を借りるには次の条件を守りましょう。 未成年にも融資できる例外はあると言いましたが、18歳以下(高校生)にはいかなるケースも融資はできません。 それを前提として、18歳〜20歳までの融資には親(保護者)の同意書が必要になります。

先述しましたが、20歳以下には責任能力が問われませんので、仮に何の保証もなく融資した際は金融会社の責任となり、その契約自体が無効になります。 例えば既に借り入れをしていたとしても、20歳以下の債務者には返済する義務はなく、金融会社の損失という形で決着します。 それを回避するために保護者の同意書が必要になるのです。

同意書があれば、契約した20歳以下の債務者が返済できなくても、親に責任が生じることになります。 また、いくら同意書があっても審査は本人の条件が考慮されるため、仕事をしており安定した収入がないことには契約できません。

日払いや1週間単位でお給料を支給してくれる働き口はたくさんあります。一生懸命アルバイトをしましょう!

これはアルバイトでも構わないので、キャッシング契約をしたいなら何かしらの仕事を見つけてはじめてみましょう。
そして18歳からの融資を対象としているキャッシング会社に申し込みをすることです。 例えば学生キャッシングと呼ばれるものがありますが、学生に合わせた審査基準で提供しているので、20歳以下の人には利用しやすい条件になっていますが、できるだけ借りないで済む方法を考えましょう。

学生ローンとは上手に使うと学生生活を充実させることができるものです

通常信販会社や消費者金融は、未成年者や無職の人には融資しません。 ですが学生については、卒業後就職すると返済ができることや、大抵は生活費として親の援助を受けているので、毎月一定額の定期的な入金があるということで融資の対象とする会社もあります。 政府の認可を受けている正規の貸金業者で、法令に基づく申し込み手続きが必要ですが、学生も融資を受けることは可能です。 一般に学生ローンと呼ばれていますが、対象は18歳以上の短期大学生、4年制〜6年制の大学生、大学院生、政府の認可を受けている専門学校生です。 親が用途を子供の学費に限定して融資を受ける教育ローンと同一視されることが多いのですが、教育ローンは親が融資を受け、学生ローンは学生本人が融資を受けるという点で異なります。 用途も学生ローンは用途の限定がない一般的なキャッシングサービスですから、この点でも教育ローンとは異なるのです。 学生生活も上級生になってくると、さまざまな出費が生じます。 コンパの参加も増えるでしょうし、卒業論文に必要な専門書は高価です。 卒業前に自動車免許の取得して就職しようと考えると、免許取得費用も必要となります。 特に就職活動が本格的に始まると、平行して卒業論文も書かなければなりませんからかなり忙しくなりアルバイトの時間がなくなっていきます。 就職活動はスーツを買ったり交通費がかさんだりと出費が多く、学生向けローンを上手に使っている学生さんは多いです。

自動車購入時に便利なマイカーローンの審査について

自動車は地域によっては不可欠な乗り物です。 鉄道の駅にかなり遠いところに住んでいるなどの場合、自動車に頼らざるをえません。 だから自動車を買う必要がある人は意外とたくさんいるわけですが、自動車は高額商品なため、現金一括払いで買う人はそんなにいないでしょう。 多くの人はマイカーローンを利用しています。 他にも自動車ローンなどと色々名称がありますが、自動車を買う目的のみであることが特徴です。 以前は自動車を買う時に販売店やディーラーで契約していたわけですが、ネットで探してみると分かるように、今では金融機関や信販会社のマイカーローンがたくさんあることに気付くでしょう。 色々な選択肢があることで選ぶ楽しさがあると思いますが、お金に関わることなので申し込みをすると審査があります。 年収や勤続年数は当然のことながら審査基準となっており、更に自己破産や債務整理がないこと、他に借り入れていないかも見ています。 返済能力があるか見ているため、長く勤続していて収入が安定しており、過去のお金のトラブルや借り入れがなければ、それほど緊張することなく自信をもって審査に臨めるのではないでしょうか。 また、お金を借りるといえば保証人が必要か不要かですが、基本的に不要となっています。 自動車が担保としての効果があり、通常は保証人不要で組めるのです。 しかし勤続年数が1年未満などの場合、保証人が必要になることもあります。 マイカーローンは現金一括で買えない場合に便利なものなので、返済のことを考慮して利用しましょう。

お金を借りたい時の【2大条件】

低金利重視 スピード重視
低金利でお金を借りたい!安心感がほしい!という方は大手銀行をチョイス! すぐにお金を借りたい!という方は審査が柔軟で即日融資可能な銀行系をチョイス!!

会社一覧

同時にお申込みをする際は、最大3社までがベストです(ご融資の確実性を上げるため)
休日 詳細情報 金利 融資限度額 融資速度
プロミス 4.5% 〜 17.8% 500
万円
★★★★★
アコム 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★★☆
アイフル 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★☆☆
三菱東京UFJ銀行 1.8% 〜 14.6% 500
万円
★★★★☆
イオン銀行 3.8% 〜 13.8% 800
万円
★★☆☆☆